はじめての自動車保険加入~いざというとき(事故)までの流れ

見積もり~保険契約するまでの流れ

STEP1・保険会社を比較する

当サイトでお見積もりできる国内外の損保一覧表です。

まずは、保険会社を決めるために自動車保険各社の比較をしましょう。 それぞれ、比較する項目は人によって違うと思います。

<グループ1>

保険料 (安さ)
利便性 (ロードサービス等)
付帯サービス (特約)
事故後の対応力(事故対応の専用担当者の有無)

<グループ2>

担当者の対応
保険金の支払い

etc...

グループ1に関しては、客観的に判断できる要素なので、『自分の保険内容を同一にして比較する』ことで、正しい見積もり比較が出来ます。

一社一社比較していると、とてつもない時間を無駄にしてしまうので、一括見積もりサービスを利用すると便利です。

ほんの5分程度で、自分の条件に合った保険会社を見つけることが出来ます。

グループ2は、実際に保険会社から公開されることがないリアルな体験談です。これらを最重要視する場合グループ1の比較情報に加え、口コミの情報を参考にすると良いですね。

しかし、ネット上の口コミ情報は、すべてが正しいものとは限りません。またネット上の口コミ情報は、どうしてもネガティブなもの(イメージ)が先行してしまう部分もありますので、自分の判断力も大事になります。

当サイトではこうした判断しにくい口コミ情報を、できるだけ正確なもので、客観的な判断ができるよう、甲乙の数のバランスを考えながら口コミ情報をまとめています。ぜひ参考にしてみてください


STEP2・保険会社へ最終的な見積もり依頼をする

一括見積もりを利用すると、オンラインで試算結果を比較しながら、一覧で見ることが出来ます。

お気に入りの保険会社が見つかったら、個別に見積もり依頼を出しましょう。 もちろんその場で契約することも可能です。

個別に見積もり依頼(資料を送ってもらうなど)をして、最終的にサービス内容を検討してください。

もちろん、この際個別に見積もり依頼・資料請求をしたからといって、契約の義務は一切生じませんので、安心してください。

※実際の送付されてきた写真

STEP3・書類の返送をする

最終的に見積もり依頼をした自動車保険会社からは、契約するための書類が同封されています。

もちろんサービス内容が最終的に納得できないのであれば、そのままは帰してかまいませんが、契約を決めた場合は必要書類を添えて返送することになります。


STEP4・保険料を入金する

>>保険料の支払いについて

を参考に、保険料の支払いを行いましょう!契約開始日(始期日)が差し迫っている場合、保険料を支払ってから補償期間がはじまるということを覚えておいてください。

STEP5・補償開始

保険料の入金が済むと、あとは保険開始日になるのを待つだけです。日付と同時に自動的に補償開始となります。

契約前後に絶対にチェックしておきたいこと

CHECK【契約前】:契約内容確認書(重要事項説明書)

・「契約内容確認書」を流し見するな!

どの損害保険会社も、新規契約時や満期契約更新時には、かならず「ご契約内容確認書」なる、契約内容をチェックリストにしたものを配布しています。
※「重要事項説明書」ともいわれます

保険金の不払い騒動を避けるためにも、注意深く確認することを強く薦めます。

自動車保険の契約は生命保険とは違い、入るのは非常にカンタンです。 保険の内容を確認し、料金を支払うだけで契約できます。

そういった「気軽な入り口保険」であるがゆえに、加入者自身の保険内容の確認作業も見落としがちになることが多々あります。

見落としがあるゆえに、補償されると思い込んでいた事故が一転、不払い騒動に繋がるといったトラブルがあるのです。


いざというときに、補償内容が今回の事故に適用されないなどと損保に問い合わせ(苦情)しても、実際は「契約内容確認書にて、契約締結時に確認しています」といわれて、あとの祭りになりかねません。

もしそうなったとしても、契約内容が事実であれば何も言い返すことは出来ません。

いざというときのための保険だったのに、いざという時に役に立たなかったという最悪な事態をさけるためにも、契約時の確認事項がいかに大切であるかということを私たちは認識する必要があるのです。

CHECK【契約後】:約款

・「約款」で、絶対に最低限読んでおくべき部分とは?

約款には、保険会社が「保険金を支払えない場合」事項が必ず記載されています。万が一の事故のときに「こんなはずじゃない・・・」と嘆くことにならないようにしなければなりません。

契約時は、約款は絶対に目を通すべき!特に「保険金が支払われない場合」は絶対に、何があっても目を通してください!!

約款は、契約後に保険証券と一緒に郵送されてきます。

約款は契約した保険内容の事項がすべて記されていて、手続きの進め方はもちろんクーリングオフの仕方、支払いの条件など、さまざまな情報が詰まった冊子です。

欠点は、薄っぺらの紙に、拡大レンズで見なければならないぐらい小さな文字で書かれていますので、読む意欲を失ってしまう小冊子だということです。

しかしいくら目を通しにくい書類だからといって、スルーするわけにはいきません。

最低限保険金支払いに関する、保険会社の主張である「保険金を支払えない場合」事項には必ず目を通しておくようにしましょう!

契約中に<アナタが>告知しなければならないこと

自動車保険は、契約がスタートしたら、期間中に契約内容の変更点ができしだい、保険会社に通知しなければならない義務があります。

これを被保険者の「通知義務」といいます。

・通知義務を怠るとどうなる?

契約内容の変更に伴い、故意に重大な過失で告知義務を怠ると、最悪の場合保険金の支払いが行われない場合や、契約解除になることもあります。

【主な通知義務の1例】

  • 契約の車の変更、車種、登録番号(に準ずるもの)が変更したとき
  • 使用目的(業務用→レジャー用など)が変更したとき
    ※年間走行距離の変更も同様です。
  • 廃車や譲渡したなどに伴い車両保有者、記名被保険者またはその家族がすでに所有する車と入れ替えを行うとき
  • 記名被保険者が変更になるとき
  • 年齢条件を変更するとき

・契約距離区分の上限を超えて走行していた場合

たとえば、ソニー損保では契約時に「契約距離」を年間△kmまでときめますが、事故等を起こしたときの調査で申告した走行距離を超えていたときはどうなるのでしょうか?

一応、年間分の差額保険料を支払うことで問題はありませんが、払わない場合は保険金が支払われないこともあります。念のために、走行距離が超えそうな場合は、カスタマーセンターに相談をしましょう。

・運転免許の色が変更した場合

基本的に、免許証の色が契約中に「青→金」などに変更をしたとしても、通知の義務はありません。次回の契約更新時に申告すれば問題はありません。

例外
1.申し込みから契約開始日までの間に変更した場合
(まだ補償期間がはじめっていない場合)。
2.記名保険者の変更がある場合

よほどのことがない限り、これらの項目を変更することはないと思いますが、

『車と人に関することで、変更点があったら通知する!!』

と大雑把でかまいませんので、念のために覚えておくと良いでしょう!

万が一、事故にあってしまった場合

保険をかけていても、出来るだけ事故にはあいたくないものですね。

・事故を起こしたときにまずするべきこと

①おちつく

②二次被害をおさえるためにも、路上の危険防止と被害者救護

③最寄の警察署と、契約した保険会社に連絡

まずは、この3ステップ!!

あとは保険会社の担当者に対応を聞きながら対処しましょう。

>>事故を起こしてしまった場合の対処法 (詳細)

一括見積もり今すぐ
自動車保険 見積もり