等級って、加入者にとってはすこし厳しい仕組みと考えちゃいますよね。

しかし、実は「等級が下がらない事故」というのも存在します。加入者の過失がないときや過失が一部認められる一例などでも、等級維持がまもられる救済措置が存在します。

保険金を受け取ってもカウントされない場合とは?

  • ノーカウント事故
  • 等級据え置き事故
  • 対象の特約に加入している場合
    (※ノーカウント事故扱い)

カウントされない事故その1:「ノーカウント事故」

  • a.搭乗者傷害保険
  • b.人身傷害補償保険
  • c.無保険者傷害保険
  • d.対象の特約

>>各保険の説明はコチラ

ノーカウント事故は、a~cの保険に係る事故のことです。事故件数としてカウントされないのが特徴です。

また、d.にあたる「対象の特約」も、保険金を受領した場合、ノーカウント事故となります。

特約でノーカウントとなるものの代表的なものには、ファミリーバイク特約弁護士費用等補償特約等級プロテクト特約(1度だけ免除)があります。

>>ファミリーバイク特約
>>弁護士費用等補償特約

これらの特約の組み合わせにかかる事故は、基本的に等級ダウンとならないことを覚えておきましょう。特約はとても便利ですが、その分保険料が高くなります。

※ノーカウント事故の対象となる特約は、各社異なりますので加入時のチェックポイントとなりそうですね。

ノーカウント事故の特徴の1つとしては、事故件数はカウントされませんので、翌年度の等級は1段階上がります

カウントされない事故その2:「等級据え置き事故」

「車両保険」「車中の身の回り品特約」のどちらか、もしくは両方が適用される車両事故が起きた時に(あなたにとって不可抗力な事故)だった場合に適用

つまり、「あなたではどうしようもない事故」が起きた場合です。あなた自身では防ぎようのない、偶発的に起こる車両事故に適用されます。

防ぎようのない事故
火災・爆発・盗難・台風・竜巻・洪水・高潮・落書き・いたずら・偶然的事故
窓ガラス破損
飛来中または落下中の他物との衝突

もっとわかりやすいところでいうと、

  • 飛び石による車両の傷(フロントガラスのヒビ等)
  • 地震以外の天災被害
  • 車両の盗難(1ヶ月以上発見しないと保険支払い)

などは、ノーカウント事故扱いですね。等級据え置き事故の定義は【約款に記載される】ので、必ず確認すべきです。

等級すえおき事故の特徴の1つは、事故件数としてはカウントしませんが、 翌年度の等級は現在と同じ等級になることを覚えておきましょう!

【注目】

・『ノーカウント事故』は事故件数をカウントせず、翌年度の等級は上がる
・『等級すえおき事故』は件数はカウントしないが、等級はそのまま

ノーカウント事故のメリットをしっかり行使しよう!

・ノーカウント事故は、メリットが誘い文句にならないよう出来た制度

私はやっぱり、保険を支払うからには自分の過失を問われずに保険金を受け取りたいという気持ちは正直あります。しかし、なかなか自動車保険の仕組みや社会への影響などを考えればそうウマイこともないでしょう。

一方で、

人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険は、加入者の過失を問われずに保険金を受け取れるようなメリットがあるのも事実です。

人身傷害や搭乗者傷害は、メリットがあるように思うものの、実際は、事故を起こしてしまうと、翌年の等級がダウンし保険料が上がってしまうのでは、 正直メリットをメリットと感じることなく、ただの誘い文句だけの補償になってしまう可能性があります。

私個人としては、ノーカウント事故は、こうした背景から生まれたんだと思います。

等級がダウンしない事故はしっかりと加入者自身が意識し、万が一使う場合がきたら権利をしっかりと行使して欲しいと思います。

等級据え置きを利用して、継続が謝絶されたケース

例1:複数台契約の20等級だったが・・・
新しく車を勝手から数ヶ月すると、飛び石によって、ボンネットやバン パーなどの傷が付いていることに気づきました。キレイ好きなので洗車もよくします。洗車時に知らぬ間についていた小さな傷・・・
これらすべてが等級据え置き事故の保険で直すことが出来ることをしらずに放っておきました。
あるときにまとめて保険屋さんに「自然についた傷なので保険で直せるか?」と聞いたところ「いちどきにこれほど多くの傷が付くことは不自然だけど。」とはいいつつも、好意で直してもらえたそうです。「次からはキズがついたらスグに報告いただかないと、一ヶ月間で保険が無効になる。」旨を伝えられました。それからは頻繁にキズを見つけては、保険適用で直してもらっていました。
自分でも少し気になったので次回保険が継続できるかどうかを問い合わせたところ、今のところ大丈夫との返答がきましたが、満期が近づき契約更新をしようと思ったら謝絶されてしまいました。
セカンドカーも所持していましたので、割引等を使って加入も同じ会社でしたがすべて謝絶となってしまったのです。

自動車保険は<相互扶助>が基本的なシステム

保険金の支払いは、加入者の支払う保険金でまかなわれています。

自分が万が一のときの為に、加入者全員が互いにお金を出し合って手を 取り合う。保険という商品は、まさに相互扶助(互いが互いを助け合う)のシステムなのです。

誰かが事故を重ねれば、その分だけ事故を起こさずに保険料を支払っている人が損をします。事故件数が多くなればなるほど、加入者全体の金額も底上げされます。

つまり、同じ人が事故を起こしてばかりいると保険制度そのものが成り立たないのです。

そのため、事故を起こす(保険金請求)可能性が高い人は、他の加入者の権利を保護するためにも契約を謝絶されてしまうことがあるのです。このケースで言うと、実費で直せる範囲でありながらも、何度も保険金を請求し受け取っています。

保険の仕組み自体を理解しないで、無計画に保険金を受け取っていると今回のようにかなりの高い確率で謝絶になることがあるでしょう。

他にも【謝絶される1例】

  • 年に3回以上の事故お
  • 飲酒運転
  • 事故の虚偽報告
  • TV報道されるような大きな事故
  • 次回の等級が1or2級

少し程度のキズならガマンする。

実費で直せるところは直す。(等級ダウンのデメリットや修理費を考慮し)どうしても保険適用が必要な場合にのみ利用する。

こうした意識は、みなで助け合って運営されている自動車保険を利用するのであれば、常に心がけたいですね。

一括見積もり今すぐ
自動車保険 見積もり