任意保険の基本的内容を学ぼう!

 

保険の説明って、どの損保会社サイトを見ても正直なにが書いてあるかわかりにくくありませんか?保険商品は、難しい言葉ばかりです。

 

 

そこで、自動車保険の基本的な内容と、どういう商品なのかを一目で直感的に理解できるように図解でまとめてみました。

 

解説を合わせて読むことで、はじめて通販型自動車保険に加入する方もわかりやすいと思います。

 

 

損害保険会社(損保)が取り扱っている商品

 

自動車保険は、生命保険会社ではなく損害保険会社(損保)が取り扱っている商品です。

 

国内と外資の損保。通販型と代理店型に分けて表記

基本的には「4種類の保険」のセット販売品である

 

任意保険は、基本的には4種類の保険がセットになっている商品です。

 

任意保険は4つの保険がセットになっている

 

 

4種類の保険の組み合わせや内容は、保険料が大きく左右します。補償の守備範囲を狭くすることで条件を特定すると、保険料金もとうぜん安くなる仕組みです。

 

 

セットになっている保険は、損保によって異なります。

 

任意保険に加入を検討する際は、あなたが必要としている補償を見極め、無駄な補償がついていない保険会社と契約をすることが大事です。

 

無駄な補償をカットすることで、保険料を安く出来るのが任意保険の特徴の1つ

 

※無駄な車両保険と特約をカット!

保険料金だけでは比べることはナンセンス!!

 

任意保険は、どんな補償が組み込まれているかで料金も変わってきます。
新規契約のときは特に、料金だけで比較しないよう注意するとよいでしょう。

 

 

そもそも、各損保の販売する自動車保険は、会社ごとに基本内容が異なります
基礎的な補償内容をセットにしてくれている損保もあれば、料金をスリムにするためにセットにしていない損保もあるのです。

 

 

見積もりの段階で、セットになってしまっている補償も、あなたが削除したり出来ます(会社によっては削除出来ない場合もあります)が、

 

料金比較の場合は、必ず「補償内容を同じ」にして、正確なチェックをした上での比較をすることが正しい比較の仕方といえます。

 

イーデザイン損保とチューリッヒの保険料を比べてみました

 

共通条件:

  • 対人・対物の賠償は無制限
  • 運転者本人限定特約
  • 30歳以上補償
  • 搭乗者傷害1000万
  • 人身傷害3000万
  • 無保険車事故補償2億円
  • 自損事故1500万円
  • 弁護士費用特約

これだけあれば、とりあえず問題ないだろうという補償内容です。
同条件で比較してみます。

 

車名 フイツト
使用目的 主に家庭用
現在の等級 なし
当社お引受後の等級 6E等級
契約距離区分 5,000km 超 10,000km 以下
記名被保険者の年齢 年齢30歳
運転免許証の色 グリーン

 

結果は↓

 

イーデザイン損保  43,170円
チューリッヒ 55,360円

 

同条件にしても料金比較をすると、イーデザイン損保のほうが安い!
11,000円ほど安いですね。

 

大分お得なことがわかります。

 

 

これは、べつにチューリッヒが高いというわけではなく、その条件だとたまたまイーデザインが合っていたため安くなっていると思ってください。

 

つまり、複数社で一括で比較しないと本当に安い保険はわからないのです。

 

 

イーデザイン損保の見積もりは、無駄な補償を一切つけずにスリムな見積もりを行っているのに対し、チューリッヒの見積もりは、デフォルトの状態で

 

 

「ファミリーケア特別見舞金特約 100万」

 

特約をつけ、手厚い補償にしているのです。

 

見積もりの段階では加入をしなければならないオプションとなっています。
料金だけでは、会社の特長により判断できない理由がお分かりいただけたかと思います。

 

 

無駄を省いてさらに安く。
少しでも手厚い補償でユーザーの生活を守る姿勢。

 

それぞれにメリットがあります。

 

逆に言えば、無駄な(自分が望む補償以外)がついていれば、どの分保険料が高くなるのがやっかいです。

 

 

見積もりにも、最初から会社によって組み込まれている補償があることを理解したうえで、あなたが自分に合った保険を選ぶべきです。

 

 

この補償の差で11,000円の差額は安いか高いかはあなたが決めることです。

 

 

ほかにも、会社独特のロードサービスがあったり事故後の対応スピードなど、一見料金だけでは図れないポイントもあります。

 

 

任意保険は安易に料金だけで保険会社を決めることのないよう、しっかりひとつひとつの補償内容を最低限把握し、理解し加入することが大事です。

 

 

【補足】自動車保険には保険者全員に共通する「割引・割増制度」があります

 

 

補償の内容によって大きく料金に違いが出る自動車保険ですが、【等級】も料金大きく左右する要因となっています。

 

契約者は、事故歴の有無・加入年数によって1〜20等級にクラス分けされ、保険料に60%オフ〜60%アップされる!などがあります。

 

>>割引制度「等級(=ノンフリート等級別料率)とは?

 

4つの保険の内容と図解

保険の内容を図解

     

  • 1:賠償保険 (被害者に払うための保険)
  • ・対人賠償保険
    ・対物賠償保険

     

  • 2:傷害保険 (契約者や家族に出る保険。過失割合に関連しない)
  •  

    ・人身傷害補償保険
    ・搭乗者傷害補償保険
    ・無保険者傷害保険
    ・自損事故保険

     

    >>各保険の解説はコチラ

     

  • 3:車両保険 (事故や盗難にあった際の被害が出たときの保険)
  •  

    車両保険

     

  • 4:特約 (オプション。単独契約は出来ない)
  •  

    ・@〜Bの主契約に付加して補償の幅を広げるためのオプション制度

3つの保険に色々なオプションを付けられるのが「特約」

スッキリした!任意保険全体像まとめ

「事故を起こしたとき、相手へ賠償の支払いの心配」をお考えの方は

 

@賠償保険

(対人・対物賠償)

 

 

 

「ケガの治療費や家族の生活の補償」が心配な方は

 

A傷害保険

(人身傷害補償、搭乗者傷害補償、無保険者傷害、自損事故保険)

 

 

をそれぞれ手厚く保険をかければよいのです。

 

 

正直「それ以外はそれほど心配にならない!」というかたは、@とA以外の保険は余分な部分となりますので、BとCに関しては、ご自分の生活環境や金銭的負担を考え、加入を検討すると良いでしょう。

トップへ戻る