等級は引継ぐことが可能です

 

等級の情報は、保険の乗換えで保険会社を変えても引き継がれます!
もちろん車の買い替えても引き継がれます。

 

良くも悪くも、あなたの運転履歴は引き継がれるのです。

 

  • 保険会社を変えても引継ぎOK!
  • 車を買い替えても引継ぎOK!
  • 配偶者や親族からの引継ぎもOK!(例外)

 

ただし!事故多発の要注意者の場合は、任意保険自体を謝絶される例もありますので、日ごろの安全運転を心がけましょう!

 

等級情報はあなたの財産です。
しっかり守って、保険料を安くしましょう。

引継ぎするタイミングが重要!

 

保険の見直しや、サービスなどを検討して保険会社の乗換えを検討している場合、あなたの等級情報は引き継がせることが出来ますが、

 

タイミングを間違うと「引継ぎできていない!」なんてトラブルもあります。

 

 

契約開始日をよく確認する

 

他の保険会社へ引継ぎを行う際は、契約開始日をよく確認しましょう。

 

現在の契約の満期が来る前に、新しい保険会社と契約をする場合は注意です。

 

満期前に進行形の契約を解約して保険会社を変更することは可能ですが、

 

「解約→新規契約」の場合、担当者との行き違いなどのミスで等級の引継ぎが出来ないトラブルがよくあります。

 

 

最悪の場合6級からスタートなんとことも。。。

 

そのようなことがないように、保険会社の変更をする場合は、

 

新しい保険は、今の保険の満期と同時に開始日となるように契約することが大切

 

現在の契約の満期日をまって、終了と同時に新しい保険契約が開始となるように加入手続きをしましょう。

 

満期を過ぎてしまった場合

 

満期をついうっかり過ぎてしまった場合、等級はどうなるのか?!
今まで積み上げてきた無事故履歴が水の泡になってしまうのは避けたいところです。

 

 

もし、あなたが7級以上でも安心してください。

 

 

保険会社を変更する場合、もし満期が過ぎてしまっても、
満期日の翌日から数えて、1週間以内に新契約を開始すれば引継ぎは可能です。

 

6級以下の場合は?

満期の翌日から数えて、13ヶ月以内に新規契約スタートした場合は、その級からとなります。

引継ぎの原則は「記名被保険者が同一」であること!

 

等級の引継ぎの際に、注意をしなければならないのは、

 

原則として記名被保険者(主な運転者)が同じ場合に限るということです。

 

聞こえは難しいですが、簡単にすこし整理してみましょうか。

 

 

保険の補償が必要なのは、「契約者」ではなく『運転者』ですよね?
運転者はかならず補償を受けられるべき契約にしておかなければなりません。

 

 

そのため、記名被保険者(補償を受ける人)の記載氏名はとても重要なのです。

 

等級を引き継ぎたい契約書類の、記名被保険者をよく確認してください。
確認のうえ、自分であることが確認できたら乗り換えを行いましょう!

 

 

家族へ等級を引き継げられる!

 

記名被保険者を、配偶者・同居の親族に変更する場合は、
例外的に変更者への等級の引継ぎが認められています。

 

対象----前年の記名被保険者の配偶者・同居の親族はOK

 

※他の例

去年まで父親が加入していた自動車保険(20等級)を、同居の息子へ引継ぎは可能か?

YES 記名被保険者の変更で可能です。

親と別居の未婚娘が、新規で自動車保険に加入したい。親名義の20等級を引き継いで、保険料を安く出来るか?

NO 別居の親族へは等級の引継ぎは出来ません。
よって出来ない。

 

原則として、等級の引継ぎは同居の配偶者と親族のみ可能です。

 

(万が一、別居であることを虚偽して同居とし引き継いだとしても、事故が起こったときに発覚すれば保険金の支払いを拒否されます。絶対にやめましょう)

 

YESの場合も。特約や年齢条件によっては保険料が安くなる

 

等級引継ぎは出来ませんが、保険料が安くなる可能性があります。
親名義の保険が「家族特約」に加入し「年齢条件」があなたにあっていれば、補償の範囲にあたるからです。

中断証明書を使って等級を引継ぐ

 

加入者が今まで使っていた車を廃車にしたり譲渡した場合、次に車を乗るまでは当然自動車保険は必要ありません。

 

 

では、いったいこのような状況になった場合は等級情報はどうなるのでしょうか?

 

実は、意外と加入者の方々は知らない人が多いのですが、

 

中断手続きからおよそ10年以内※に次の車を手に入れ、そこから1年以内に保険契約を結べば、以前までの等級を引き継ぐことが可能です。

 

年数が空いても等級が引き継げる条件
  • 中断証明の手続きを行っていること
  • 旧契約時の自動車は基本的に「廃車・譲渡」されていること

    ※海外移住やリースカーの返還なども適応の場合があります

 

中断等級の引継ぎは厳格

 

旧契約の満期から13ヶ月以内に、中断証明書の発行を行わなければいけません。

 

中断証明書の申請は、加入の保険会社にて行うことが出来ます。
発行条件は各社によって異なるので、申請の際は必ずサポートセンターに問い合わせるようにしてください。

 

 

旧契約の満期から13ヶ月以内に申し出をしないと、中断手続きを行うことが出来ませんので、細心の注意を払ってください。

 

同居の家族や親族の眠っている等級を利用する

 

たとえば、あなたの両親や身内の方で等級が高いまま中断手続きをしているかたはいませんか?

 

もしいれば、そのまま眠らせておくのももったいないので、

 

「記名被保険者の変更」(名義変更)をして引き続き利用をすると、新規で保険を利用するよりもズッと保険料を抑えることが出来ますね!

トップへ戻る