軽自動車の保険料の相場

普通自動車(白ナンバー)と、軽自動車(黄色ナンバー)では、任意保険料は違います。

 

 

軽自動車おおよその相場・・・・・

 


ザックリいうと、普通自動車の15%割引ぐらいでしょうか。

 

 

軽自動車の正確な任意保険料を知るには、普通自動車とおなじく、しっかり見積もりで『同条件にて複数社を比較』しましょう。

4ナンバーと5ナンバーの保険料の違い

軽自動車には、4ナンバー「軽四輪貨物車」と5ナンバー「軽四輪乗用車」があります。

 

軽自動車としてひとくくりではなく、それぞれ保険料が違いがあることを覚えておくと良いでしょう。

 

軽自動車の種類

 

軽四輪乗用車・・・黄色ナンバー 50〜54、白ナンバー 6.66〜69

 

軽四輪貨物車・・・黄色ナンバー 40〜44、白ナンバー 6.66〜69

 

軽自動車の任意保険料を安くするポイント

4ナンバーの場合

 

20代の若者は、リスク細分型ではなく、代理店系の保険会社を選ぶとよいです。

 

30代以降の方(特に35歳以降)は、リスク細分型、
つまり通販型の保険会社を選ぶと保険料が安い傾向にあります。

 

 

【理由】

 

契約時に、年齢条件や限定条件の取り決めがあるため。

 

4ナンバーの保険加入は、リスク細分型を選ぶ場合、年齢条件や限定条件の付加が必須になりました。

 

つまり「年齢が若ければ、その分保険料が高い」ということ。

 

若い年齢条件がつけ加えられることで、保険にかかる料率がたかくなり保険料の負担が増加します。

 

 

代理店型の保険を選ぶことで、年齢条件などの限定条件を付加しなくても加入できるので、

 

全年齢で保険料がフラットな状態になり、リスク細分型との料金を比べたときに安くなることが多いのです。

 

結果として、4ナンバーの若者の軽自動車保険料を抑えることができます。

 

 

逆に30代以降は、保険料が安くなる条件がそろいはじめるので、

 

リスク細分型の保険で限定条件などを細かく指定し、
複数社見比べていけば、代理店型よりもズッと保険料を安くすることができます。

軽自動車の保険料 【大小の目安】

年齢別

 

18歳〜20代前半の若い方

 

5ナンバー > 4ナンバー

 

※年齢が若ければ、4ナンバーのほうが安い!代理店型をふくめて見積もりを取ってみよう!

 

30歳以降

 

4ナンバー > 5ナンバー

 

※30歳以降は、5ナンバーのほうが安い!

 

 

車種別(30歳以降が4ナンバーに乗る場合)

 

4ナンバー

 

自家用小型貨物車>自家用軽四輪貨物車>年齢条件なし>年齢条件がある

 

 

5ナンバー

 

自家用小型乗用車>自家用軽四輪乗用車>年齢条件なし>年齢を重ねるほど

 

 

 

 

軽自動車の自賠責保険料について

トップへ戻る