交通事故を起こした場合にすること

自動車に乗っていたら、あなたが意図しなくても起きるのが交通事故です。

 

万が一のときの為に、日ごろからどのような対処が必要かを把握しておくことは、緊急時に落ち着いて行動できることに繋がります。

 

 

ぜひ、一度目を通して自動車事故を起こした際にどうすればよいか!?を脳に焼き付けておいてください。
※自分が動けることが前提です

交通事故を起こした場合の行動マニュアル

1.おちつく
これからやることはたくさんあります。まず冷静で落ち着きある行動をとるように意識しましょう。

★自分だけ動けない状況であれば、ナンバーだけは必ず記憶にとどめましょう

 

2.被害者救護
「怪我はありませんか?意識はあります(大丈夫ですか)か?」等、積極的に被害者に声かけをする。

もし、目に見えて救急車が必要だと思った場合は、スグに119番してください。

 

3.路上の続発事故防止
停止表示機材等で、後続の車が事故を起こさないように事故現場の位置を知らせてください。

この作業は、「事故現場の保存」にもつながり、あなたの過失割合等を決める重要な状況証拠にもなりますので、必ず行いましょう!

 

→車が移動できるようであれば安全な場所へ移動させる
(位置が悪い場合)

 

4.最寄の警察署と、契約した保険会社に連絡
→110番しましょう。
→契約している保険会社にも連絡。事故の状況を伝えましょう。

 

※どんなに小さな事故でも必ず警察に届ける必要があります。そうでない場合、保険金は一切出ません。

 

※当事者間の約束事や示談などは一切行わないようにしてください。自己負担が出てしまう可能性があります。

 

※高速道路上での事故・故障の場合は、道路緊急ダイヤル「#9910」で道路管理センターへの通報もあわせて行います。

 

 

【ダイレクト系各社事故報告連絡先】

  • 三井ダイレクト  0120-258-312
  • そんぽ24  0120-119-007
  • ソニー損保  0120-303-709
  • SBI損保  0800-2222-581
  • イーデザイン損保  0120-097-045
  • チューリッヒ  0120-860-001
  • アメリカンホーム  0120-12-5089
  • アクサダイレクト  0120-699-644

 

5.事故の相手方の確認
→ナンバーの確認をまずしてください!!

→相手方の住所や氏名、電話番号等出来るだけ細かく聞くようにしましょう。

電話は日中連絡が取れる番号、勤務先や保険会社も聞ければベストです。免許証や車検証などのコピーが取れればなお良しですね。

この際、メモ帳などでメモしておくとよいです。
また、走行スピードや信号状況・一時停止などのメモを残しておくと後々有利になることがあります。
ぜひメモを取りましょう。

 

6.目撃者の確保

目撃者の証言は、のちうほどあなたの過失割合などを決める時に非常に有利に働くことがあります。

余裕があり、近くに人が見ていることが確認できたら、氏名・連絡先などをうかがっておきましょう。

 

事故のときの為に、車中に用意しておきたいもの

  • 筆記用具
  • カメラ
  • 発炎筒などの停止表示機材
  • ドライブレコーダー【大活躍】

 

事故の状況を相手方よりも詳細に残しておくことが出来れば、その後の損害賠償交渉が有利に進められます。

 

相手方が直接示談交渉をしてきた場合

安易に過失を認めない

 

事故をおこしたときはお互いの事実関係はわかりませんので、どの程度コチラが悪いアチラが悪いという過失の割合は決めることが出来ません。

 

安易に謝ったり「私が悪いです」などと発言し過失を認めたりすると、のちのち保険会社の決める賠償金額と相手方に支払うべき金額に違いが出てくるのです。

 

安易に謝る(過失を認める)ことによって、自己負担の可能性が出てきます。

 

これだけは絶対に避けてください。

 

「ごめんなさい。大丈夫ですか?」などのように、人として謝る気持ちは大切ですので問題はありませんが、

 

「全面的に悪い」などのように、過失を認める行為だけは辞めましょう。

 

 

相手が示談を申し込んできた場合

 

なかには、「保険会社は面倒だからあなたと交渉させてもらいます」などのように、難癖を言ってくる人もいます。

 

支払い対象となるものまで要求するケースも多いので、決して応じないようにしてください。

 

 

相手が直に示談要求をしてきた場合は「申し訳ないですが、私にはどのようにしたら良いかわかりませんので、すべて保険会社に任せています。」とキッパリお断りしてください。

トップへ戻る